飲み込みにくくなったらどうする?食事に一工夫加えましょう

みなさんこんにちは!

北区赤羽にある「ながぬま歯科」です。

 

加齢に伴い飲み込みにくくなってきたという方がいます。

実際に加齢変化の一つに嚥下力の低下があります。年齢を重ねるごとに嚥下力が低下して「誤嚥」する方が多くなっているのです。

誤嚥すると唾液中の細菌が肺へ入ってしまい誤嚥性肺炎を引き起こすことがあります。

 

そこで今回は飲み込みしにくくなった方への食事の一工夫を紹介したいと思います。

 

  • 食事に一工夫しよう

飲み込む力が弱くなったという自覚症状がある方は、食事へ「とろみ」を加えましょう。

とろみ剤というものが市販されているため、手軽に手に入れることができます。

味噌汁やスープでもとろみを加えることで飲み込みやすくなります。

 

  • 誤嚥は誰でも起こりうる

誤嚥は誰でも起こりえます。

実家のご両親やおじいちゃんおばあちゃんもいつ誤嚥するかわかりません。

飲み込みにくいという自覚症状がある方は早めにとろみ剤を検討しましょう。

関連記事

  1. 摂食障害に対する歯科的アプローチの方法

  2. お口の健康を守るためにも歯磨きをしましょう

  3. 歯を失わないためにスプリント療法!歯ぎしりから歯を守りましょ…

  4. インプラントとブリッジの違いはなに?機能面でそれぞれを比較し…

  5. お子さんの口呼吸は早めに治しましょう!

  6. ブリッジと入れ歯の比較!咀嚼力を求めるならブリッジ・清掃性を…

PAGE TOP