歯が黄色くなる原因は何?原因を把握して歯の白さを保ちましょう

みなさんこんにちは!

北区赤羽にある「ながぬま歯科」です。

 

前回紹介した歯の色が相手にどのような印象を与えるかの話の続編です。

今回はなぜ歯が黄色くなってしまうのか、白くなくなってしまうのかについて解説していこうと思います。

 

  • 歯が黄色くなる原因

歯が黄色くなる主な原因は加齢と外部着色です。

加齢は、年齢を取るとともに歯の最外層にあるエナメル質が薄くなるため象牙質の色(黄色)が目立ってしまうのです。

外部着色には以下のものがあります。

・コーヒー

・お茶などのステイン

・タバコのヤニ

・カレーなど色の濃い食べ物

 

  • 歯の着色を予防するには

歯の着色汚れは加齢を除いて予防できます。

例えばコーヒーを飲んだ後に歯磨きをする・水でこまめに口を濯ぐなどです。

またこまめに歯の着色汚れを歯科医院で取り除くことも大切です。

 

関連記事

  1. いろいろな歯ブラシの違いについて紹介します

  2. 歯科医療者から見た児童虐待についてを紹介します

  3. 妊娠中は虫歯になりやすい?妊娠中でもできる治療はあります

  4. 歯を失わないためにスプリント療法!歯ぎしりから歯を守りましょ…

  5. 高齢になったら少食でも高カロリーのものを食べよう

  6. ブリッジと入れ歯の比較!咀嚼力を求めるならブリッジ・清掃性を…

PAGE TOP